読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリンコ号に乗船して、その1

おはようございます。

\(^-^)/

早いものでもう3月に入りましたね。

こりゃあっという間に年とる訳である。(笑)

(;^_^A

そんな今月も、何時も楽しませてもらっている各アーティストさん達の、楽しいライブイベントが開催されるので、そちらも楽しみだ。

o(^-^)o

さて、今回は、2月10日に訪れました、紋別市の冬の風物詩である、流氷掘削船ガリンコ号(1枚目の写真)に乗船した時の写真をご紹介致します。

こちらの船は、元々北極海の開発する際に必要な乗り物を作る為にできたものであり、今後別のブログにてご紹介致しますが、最初の1号機は、2人しか乗れない代物でしたが、その後は船が段階的に大きくなり、今のガリンコ号は3代目です。

北極海は南極と違って、海の上に厚い氷がひしめく。

その氷を砕いたり、その氷の上を走り抜けるには、2枚目写真、強烈な力を持つ回転スクリューが必要。

この部分を上手く操作して、前後左右に自由自在に船を操ります。

毎年この時期に紋別市を訪れているわたくしですが、この日の船長さんは、いつもお話しする方とは違っていましたけれど、その内容を船長さんにお話ししたところ、操舵室に入室を許可していただきました。

いつもガリンコ号の船長さん、ありがとうございます。

m(__)m

続く。