読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予科練

予科練とは、海軍飛行予科練習生、即ち、少年航空兵のことである。

この制度が出来たのが昭和5年6月1日で、第1期生79名は、全国より5,800名の志願者から厳選され横須賀海軍航空隊に入隊しました。

その後、昭和14年3月には霞ヶ浦湖畔に移り、大東亜戦争が始まるや、航空兵の増員が急務となり、練習航空隊ができたのです。(土浦・三重・小松・松山・三沢・清水・宝塚・滋賀・西宮・奈良・高野山・岩国倉敷・美保・宇和島・浦戸福岡・小富士・鹿児島)

そして予科練習生は優れた搭乗員としての人間形成と鉄石の訓練をものともせず航空兵としての実力を身に付けました。

昭和12年8月14日、中国本土に孤立する居留民団(日本人)を救助するため、暗夜の荒天を衝いて敢行した渡洋爆撃にその初陣を飾って以来、予科練を巣立った若人たちは多くの偉勲を重ね、太平洋戦争では、名実ともに日本の航空戦力の中核となり戦ってきました。しかし戦局は悪化し、敵が本土に迫った時、全員特別攻撃隊員となって一機一艦必殺の体当りを決行したのです。

ただ、国を救うことのみに無限の未来を秘めた蕾の花の生涯を、祖国防衛のために捧げたのであります。

創設以来終戦までの予科練の歴史は僅か15年3カ月に過ぎませんが祖国の繁栄と同胞の安泰を希ふ幾万の少年たちが全国から志願しその予科練卒業生の8割が未曾有の国難に殉じて散華したのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E4%BA%88%E7%A7%91%E7%B7%B4%E7%BF%92%E7%94%9F

待ちに待った晴れの出陣を明日に控えました。

 突然でいささかあわてましたが、大いに張り切っておりますので何とぞご安心下さい。

生を享けて、ここに二十二年になります。何の恩返しも出来ず誠に申し訳ありません。何とぞお許し下さい

 国家のために散って征くことを、最大の孝行としてお受け下さい。

 私が戦死したと聞きましたら、赤飯を炊き黒い着物など着ず万歳と叫んで喜んで遺骨を迎えてください。

 多分骨はないものと思いますから体操シャツを一枚送ります。

これは昭和十七年七月十一日、土浦航空隊に天皇陛下行幸されたときに使用した記念すべき品です。私と思って大切にしてください

今となっては別に言い残すことはありません。

とにかく、命のあるうちは徹底的に頑張り抜く覚悟でおります。必ずや敵空母の一隻や二隻は沈めてみせるつもりです。

取り急ぎ乱筆になりました感無量で何もかけません。これでペンを置きます。

ずいぶんとお元気で、いつまでも暮らしてください。小父さん、小母さんたちによろしく。ではご機嫌ようさようなら。母上様

神風特別攻撃隊 第二御盾隊

海軍上等飛行兵曹 小松 武 (高知県

昭和20年2月21日 硫黄島周辺の艦船攻撃中戦死

ーー

 戦いは日一日と激しさを加えて参りました。

 父母上様、長い間お世話になりました。私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。

 私は潔く死んでいきます。

今日の海の色、見事なものです。決してなげいて下さいますな。

 抑々海軍航空に志した時、真っ先に許されそして激励して下さったのは、父母上様ではなかったでしょうか。既に今日あるは覚悟の上でしょう。私も魂のみたてとして、ただただ大空に身を捧げんとして予科練に入り、今日まで猛特訓に毎日を送ってきたのです。今それが報いられ、日本男子として本当に男に花を咲かせるときが来たのです。

 この十九年間、人生五十年に比べれば短いですが、私は実に長く感じました。数々の思出は走馬燈の如く胸中をかけめぐります。

 故郷の兎追いしあの山、小鮒釣りしあの川、皆懐かしい思出ばかりです。

 しかし父母様にお別れするに当たり、もっと孝行がしたかった。そればかりが残念です。随分暴れ者で迷惑をおかけし、今になって後悔しております。

 お身体を大切に、そればかりがお願いです。親に甘えた事、叱られた事、皆懐かしいです。育子、昌子の二人は私の様に母に甘えたり叱られたり出来ないかと思うとかわいそうです。

 いつまでも仲良くお暮らし下さい。私も喜んで大空に散っていきます。

 平常あちこちにご無沙汰ばかりしておりますから、何卒よろしくお知らせ下さい。お願いします。御身大切にごきげんよう

神風特別攻撃隊 大和隊員

一飛曹 塩田 寛 18才

昭和19年10月26日 レイテ沖にて特攻戦死