読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛についての考察13

更に、変更だ。どうも、後から思い返すと、遠く・難しく・早いの方がいい。と言う訳で、愛は、他者の存在の認知・害をなす・分別の弁え、愛・害・解、ギャグ・考える・仲良くする、愛・夢・希望、近い・簡単・ゆっくり、遠い・難しい・早い、我慢・忍耐・耐久、いつも・時々・偶にになる。結局、更に変わってしまった。言葉を選ぶ基準が、詩だから、どれだけお気に入りかと言う事を、大切にしたい。早いと早くに、そんなに大きな違いはないと言えども、例えば、言葉の前に愛はと付けると、愛は、遠く・難しく・早くと、愛は、遠く・難しく・早いで少し語感が違うし、愛は、遠い・難しい・早いでも、多分、違う。どれも、そのまま言えてしまうし、後から言葉を補えば日本語として問題ないが、どの響きが好きかと言う点に尽きるかな。愛は、早く過ぎる物、早く行う物。愛は、移ろいの早い物、気の早い物。まあ、物は言い様だよ。今、上手く言えた気はしないけど、要するに、言葉を並べた時に違和感がないかが重要と言う事だよ。愛は、他者の存在の認知・害をなす・分別の弁え、愛・害・解、ギャグ・考える・仲良くする、愛・夢・希望、近い・簡単・ゆっくり、遠い\xA1

ζ颪靴ぁα瓩ぁ~翹釥ηβ僉β儺廖△い弔癲♢顗后Χ槪法0譴栂磴鮖廚そ个靴燭韻鼻"Δ蓮∉阿④料瓩なĄB丨い帆瓩い覗瓩い鯀Ľ鵑世里蓮⊄僌拇Ľ並丨気茲蠅盪驒崚Ľ柄瓩気魄Δ亡兇犬燭燭瓠0Δ蓮⊇猗漚料瓩なĄ◀気董L兎鷽佑離曠錺ぅ肇如爾里ĺ屬靴法∋┿錣硲達弔鯒磴辰拭◀修譴召譴肇瓠璽襪鬚靴瞳茲瓩拭◉┿錣蓮⊇渋紊離侫.奪轡腑鷸錣如ゟ皺瓩丨覆ね澆靴なĽ箸靴董〵い鮓唎辰討唎譴燭澆燭ぁ◁達弔蓮△發Π貎佑量鼎❶〳擺錣ⓒ討韻詬佑砲覆蠅燭い噺世辰討い燭ǂ蕁∧拔唎里燭瓩法▲唫薀轡奪唫丯拭爾裡達弔鯒磴辰拭B室2多イ気鵝M㌣召淵唫薀轡奪咩Ε丯織螢好箸澄G磴なĽ鮟Ľ┐討ǂ蕁〻畚蠅旅イ④覆Ů垢妊蕁璽瓮鵑鮨¤戮董~燭世ʔ⊆\xAB分は馬鹿みたいだなと思った。いつか本を書くつもりだなんて、何も分からずに勝手に言ってるだけだし、音楽も、いつか教則本や曲の発表だなんて、馬鹿げてると思った。自分には、物語は書けないし、世の中に多く存在する様な立派な曲も作れない。別に、どちらも、少し好きなだけで、今、普通に世の中にある物と比べたら、大した物ではない。それでも、その様な発表を思い描くならば、コンセプトを考えなければならないと思った。子

供みたいな文章と、練習曲。プロフェッショナルにはなれない。それでもいい。