読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛してるのサイン

我が家にはオーディオがない。

ポータブル系もない。

かと言うてパソコンでどーこーして携帯で聴くのもめんどくさい。

配信もそうそう落とさない、CDで聴けるものをわざわざ買う必要もない。

CDで聴くものだと言う、中途半端に古い人間アキヲケw

そんなアキヲケにYouTubeはありがたい。

広告はうっといけど、何かしながら気軽に聴ける、本当はアカンってのは理解しているけれど、ちゃんとCDは持っとるし(どんな理由やねんw)

で、そんな環境が整っていて、ZARDをちょいちょい聴いております。

中々CDやと、より好きな曲へ飛ばしてしまってツイツイ聴けていない曲もいっぱいあり、支度とかしながら勝手に流れて来る『今まで気にもとめなかった』曲に時々手ぇを止められ支度そっちのけで聴いてしまう事もあります。

それも含めて過去と現在ではかなり違うベストになったわけで。

勿論考え方や経験、心境そんなのがかなり手伝うのですが、かなり違うものになっています。

これはそのうち気が向いたら(笑)

その内のひとつ。

これは、気にもとめなかった曲。

きっと意図は違うと思う。

でも、歌は聴き手によって、捉え方は様々。

愛する事の歓びならば誰にもおかされない光耀く礎になるだろう

的に捉えてしまいました。

この曲もあくまで噂話であり真相は分かりませんが、そう捉える事で、かけがえのない曲となった訳です、ZARDのにはそんな噂話は無いと思いますが、同じように捉えてしまいたくなり、捉えてしまった要素があります。

虹とか

傍らの花とか

言葉はいらなかったとか

砂に足跡つけてとか

現在進行形ではない様子。

ラストは現在進行形やけど、幻想的に捉えると、途方もなく深くなってしまう。。。ここは多少ムリクリ感も否めんけど(笑)

ライブのんを聴きました。

そしたら現在進行形箇所をリピートに替えて歌っていたのです、砂に足跡ってのを

思い入れがあらはるんかな?

って思うと同時に、捉え方が更に強くなってしまったわけです(笑)

ソレを見て『笑ってる』と思って『君が愛しい』と、そっと想う。。。

歌って作り手さんと聴き手さんの想いが違ってくるのが面白い。

限られた言葉に色んなモノを乗っける訳やから、色々拡がるのでしょうね