読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内報

見苦しい、と思うのです。

ウチのカイシャにもお決まりの社内報があります。紙の冊子で配られます。IT会社なのに。今は隔月刊だったか季刊だったか、なんかそんなの。一応従業員は自宅に持ち帰ってもかまいません。なので、少しでも「秘」にあたることはまったく書いていなくて、とてもあたりさわりのない内容です。率直に言ってたいへんつまらないです。

どれくらいつまらないかというと、ウチの部では以前1回、まとめて送られてくるものを社内郵便の受取り箱のそばに置いて、みんな自分で持って行ってね、ということにしたのですが、そうするといつまでもタバになって残っているものがある、というくらいつまらないです。

おそらく、従業員がみんな心待ちにしていて、眼を輝かせて読む社内報というのもないと思うのですが。

ひとつ発刊されると、社内Webに文房具等のプレゼントをエサにアンケートが設けられます。私は根性が悪いので、そのたびに、紙で出すのはムダ、あるいは経費の節減のためにやめるべきで、一歩譲ってもどうしても紙で欲しい人だけ紙でもらって、必要のない人は画面で見ればよろしかろう、という意見を述べています。だってホントだもの。イマドキ年間で8ケタの経費が即座に節減できる手段ってのも、なかなか他にないよ。

もちろんエサのプレゼントはもらえたためしがありません。それはあたりまえですね。私だって存在を否定してきている人にプレゼントなんかあげないよ。

ただ、それはイヤだなあ、と思うのが、社内Webの社内報ページに、好意的なご意見ばかり抜粋して載せているのですね。カイシャの一体感が高まる、とか、家族にもカイシャに親しみを持ってもらっている、とか、そのような腐ったことが載っています。エサが欲しさにこんなことを本当に書いている阿呆がいるのか、あるいはもしかして発行部署の自作自演なのではないかと疑っています。

社内報に関しては女性の担当者が一名専任。他に0.3人分くらいはやっている人が2人ほどいます。驚く、というか、ホントかね、と思うのは毎号の校了前にはこの担当者が印刷所に泊り込んで徹夜で校正するのだそうで。これもなんだかウソくさいなあ。あるいは、あの程度のものでそんなことを本当にしなければならないのであれば、この人は向いていないから代えてあげたほうがイイよ。

紙はやめてPC上で見るようにすれば、「社長年頭の辞」なんて何ページも文字で読まされるよりも、動画を埋め込めばよいのだからそのほうがわかりやすいとも思うしね。あるいは新聞の「地方版」のように各事業部版みたいなことだってできるだろうに。あの人たちって、単に今と同じ仕事がしたい、っていうだけで紙に固執して、変えなくても済むように小細工しているだけだよね。

私はもらっても別にすぐに見たりはせず、朝や帰り前の時間のあるときにパラパラと見て、知り合いでも載っていれば別ですが、そうでない場合はリサイクルボックス「チラシ・雑誌」の棚に直行です。多くの場合そこには同じ社内報が何冊も捨ててあります。

ムダだし、おそらく本来は給料として分配されるべきコストで作られているので、これをやめて月に10円給料が上がるのなら上げてくれ。あるいは円単位でコストを削っている現場の技術者に申しわけがが立たないと思ってくれ。