読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の霊の戦いに勝利を☆

ハレルヤ!

皆さまおはようございます(^-^)

今日も朝出勤です。

今朝は雨模様で風もあり体感温度的には肌寒さを感じますが、

予想最高気温が21℃、最低気温が15℃ということらしいですし、コートは無しで外に出て見ました。

そろそろ、冬物はクリーニングに出そう(^-^)

さて、今日も御言葉から分かち合いさせていただきます。

■ディボーション・詩篇35篇1節〜10節

■御言葉

●主よ。私と争う者と戦い、私と戦う者と戦ってください。(1節)

■語られること

■霊の戦い

クリスチャンの日常において、「争い」とか、「戦い」の提議は、次の御言葉に言い表されるかと思います。

●私たちの格闘は血肉に対するものでなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天いるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ6章12節)

ここから、クリスチャンが争い、戦う対象は「サタン」とか「悪霊」であることが分かります。

また、 すべてのクリスチャンのうちには、「聖霊が宿っている」ので、私たちの日常に照らしてざっくり言えば「聖霊VS悪霊」ということで、まさに「霊の戦い」です。

この戦いにおいては、「自分の力では勝利出来ない」ので、「聖霊に助けていただく」必要があるのです。

■主イエスの聖霊の勝利を受けていく☆

因みに「争う」の意味ですが、「gooの国語辞典」によりますと、「相手にまさろうとして、また何かを得ようとして張り合う。競争する。」

とのことです。

で、「悪霊やサタンと争って何で勝利を得ようとしている」のかと言えば、

心が肉の思いに流れないよう、魂が守られることであり、日々、「主の聖霊による勝利を受けて行く」ことにあります。

■主の完全勝利を受け取って

そのために必要なことは、

●「この戦い」において、はイエス様とサタンは争い、戦って既にイエス様が完全勝利しているので、私たち主を信じる者はこの完全勝利を心で受け取ること

また、

●日常生活において助け主の聖霊を頂いていることも心で受け取ること。

また、

●「サタンや悪霊に打ち勝つ権威を与えられていて、害を加えるものは何一つない」(ルカ10章19節)という御言葉も心で受け取って行くこと。

こうしたことを持って、聖霊により頼むのです(^-^)

■サタンの誘惑

と言いますのは、

サタンや悪霊は、私たちがイエス様を信じ受け入れ、救いを頂いた後、内側に入り込むことは出来ませんが、

テレビ、インターネット、道行く繁華街、また、人々との交わりなど、外側からあらゆる誘惑を仕掛けて、「私たちの魂を汚そうとする」からです。

●不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興(ガラテヤ5章19節〜20節)

クリスチャンは特にこれらに心奪われるのは、「自分の魂に毒」であることを信仰によってよくよく受け取っています。

しかし、これらが「毒だった」と分かるのは、やってしまった後であり、それほど、これらの類いは、人が罠にはまりやすく心の入口からは入る時は甘い香りであったり、このくらい大した問題じゃないと感じてやってしまう…。

しかし、入り込むと中で毒になって魂を蝕むわけです。

■今日の御言葉

■ヤコブ1章13節〜18節

● だれでも誘惑に会ったとき、神によって誘惑された、と言ってはいけません。神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分でだれを誘惑なさることもありません。(13節)

●人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。(14節)

●欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。(15節)

●愛する兄弟たち。だまされないようにしなさい。(16節)

●すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです。父には移り変わりや、移り行く影はありません。(17節)

●父はみこころのままに、真理のことばをもって私たちをお生みになりました。私たちを、いわば被造物の初穂にするためなのです。(18節)

アーメン!

御言葉によって真理を確信して、日々聖霊により頼んで行こう(^-^)

では、今日はこの辺で(^-^)

今日も皆さまの上に、主の恵みのシャワーが降り注ぎますように☆