読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出す雨!

夜の雨は、寂しい。屋根を打っ雨が心を打っ! そんな事を考えた時が昔にあった。 あの時は、心が痛んでいたから、もろく壊れる。 弱い自分が、今の自分に語りかける。 朝がくるまで、明るくなっても雨が、ふっていたら忘れよう。 悲しみは、闇の中に! 雨と共に! 朝には、違う雨が、ふっていた。