読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【関係力(相対性)経済学はなぜ流行らないか?】その1

Why isn’t the Relativity Economics Popular(with English translation)

「関係力経済学」という耳慣れない経済学の提唱者として長い。この言葉をめぐって、どうもためらいのようなものを感じる人がいる。その原因を探ってみたい。

I have long been an advocate of “Economics of Relativity” which is unfamiliar. Around this word, many people feel hesitated to use it. I will try to search why the word lets them feel disturbed.

従来の経済学は「生産力経済学」(古典派経済学やマルクス経済学など)であったり、「消費力経済学」(新古典派経済学ケインズ経済学)であったり、いずれにせよそ、それらはモノにこだわった経済学であった。1970年代の初めにジャン・ボードリヤールJean Baudrillardの「記号の消費」論が登場して、モノから離脱した経済学=社会学が流行し、70年代後半から情報経済学というものが現れた。それは「情報革命」の産物として、意味のある経済学であるけれど、どうも「情報」では範囲が狭すぎる。というのは、情報とは伝達しうる関係のことであるから、それは広義のモノの範疇に入り、伝達も売り買いもされる。この時代には、人間関係全般・深部におよぶ関係の革命「関係革命」が起きているのではないかと思われる。そこから「関係力不全症」が大量発生している。そこでぼくは「関係力」経済学を提唱したのである。ぼくの「関係力」概念のミソは、プラスの創造的な関係力のみではなくて、マイナスの引き込み的な関係力も含んでいるところである。

The traditional economics, which might be “the productivity economics” (the classical political economy or Marxian political economy” or “consumptivity economics” (neo-classical economics or Keynesian economics) are exclusively devoted to stick to material. Early 1970s, the sociology and economics began to farewell to material and then Jean Baudrillard’s theory of “Consumption of Symbol” came up to the stage of the sociological economics history. That was significant as far as a product of “Information Revolution” goes. “information” has a narrow meaning. As information means a relation which can be communicated with, and so which can be sold and bought, that is in the category of material in a wide sense. In this age since “Information Revolution”, I think that the deeper part and more general relation of humankind than “Information Revolution” have taken place. Th

erefrom, “Human Relativity Failure Syndrome” have occurred tremendously. Therefore, I advocate “relativity” economics. The core of my conception of “relativity” lies in not only positive and creative relativity but also negative and drawing-in relativity.

「関係力経済学」とか「関係経済学」というばあい、英語で本を書こうとしているぼくにとって英語表現が重要である。こういう経済学が存在しなかったのだから、英語表現も困難である。いろいろの英語を検討してみているところであるが、関係をrelationという英語を当てると、関係性はrelativityとなる。関係性は関係力と同義語となることがあるので―生産性productivityが生産力と同義に解されることがあるように―relativityはときには「関係力」とも同義としてもよい。だから「関係力経済学」はeconomics of relativityと英訳できる。ところで、話は逸れるようだが、theory of relativity というと相対性理論と訳される。アインシュタインの創設した相対性理論である。そうすると、economics of relativity とは「相対性経済学」という訳にもなる。これは非常の興味深い言葉の遊びともいえる一致である。 (つづく)

Referring to “Relative Economics” or “Relativity Economics”, the expression in English is especially to me who is writing a book in English. As there has never been such an economics, the expression in English becomes difficult. Kankei is referred to relation and Kankeisei is referred to relativity. Relativity may be sometimes same with relative power like the productivity is sometimes synonymous to the productive power as well. That’s why the relativity economics can be referred to the economics of relative power. By the way, the relativity theory is the one created by R. Einstein. Then the economics of relativity comes to have the relativity economics in the theoretical physics.

This accord to words is a play of word which is deeply interesting.

興味深い理由は、いずれ述べることとして、今日は可笑しいという意味の興味深い言葉上の類似性について述べたい。

I would talk about the reason of “interesting” the other opportunity, this time, funny and interesting are semantically similar. (to be continued)