読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご親切に不親切なご連絡を懇切丁寧にお伝え頂き、私は変な笑顔でヘラヘラしながら、そ、そ、そうっすね、と言ってみたが解決策が見つからない、の巻

私のホーム画面に赤字で友達がゼロです、と書かれております。

そう親切にも友達おらんやん、プフー、マジウケルというのをオブラートに包んだが、そのオブラートがもう劣化しまくって穴開きまくりなのでポロポロと落ちてるという状態ではなく、もう大きな穴が開いておりドサーっとすべてが落ちた状態である。

まず、友達がゼロなんてのは重々承知である。

それをゼロですよー、増やしてみませんかー?と言われてももうそれは言葉の暴力である。

恐怖である、もう怖いなー怖いなー、となっております。

ただ、友達いない人はこうやって友達作るんですよー、というものを案内されるが、まあそれでも友達を増やせそうなものはなく、あああああ、無理やん、無理やん、とむしろ、もうわざとやん、えええええええ、ここまでやってるのに友達出来ないのー?と人格否定やん、あああ、もう狂気やん、サイコパスやん。

と、攻めても仕方ない、こうやってすべてを人のせいにしても仕方ないのであり、もしかしたら根本原因は私にあるのかも、と思い、私の行動言動を振り返ってみた結果、そう、全ての原因は私にあったのである。

この異様な日記を書いているからだ、と思ったが、じゃあ日記を書かなければいいのかとなるともう私の存在意義がなく何もしなくていいじゃないかとなる。

という事で、今後も日記を書き続けるので御座います。