読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんだ急変、サプライズ!?

今朝は晴天に恵まれた

雨が降りそうにないので、いつも通勤カバンに入れている折り畳み傘を家に置いてきた

少し湿った状態のままで、ビニール袋に入れていたのだ

再び家に帰る頃には、乾いてくれるだろう

そのぶん身軽な状態で会社へ向かっているが、このあと天候が急変しないよう祈るばかりだ

さて、急変といえば、今年は渡さないでスルーしようと考えていた母の日のプレゼントを、やっぱりやろうということになった

今年の母の日は5月14日だったので、もう過ぎてしまったわけだが…

本来私も、5月14日をターゲットにして何かプレゼントをしようと考えていた

今は母親がマレーシアではなく我が家にいるからだ

ところが、いざ何を渡そうか考えてみると、結局何も要らないことに気づいた

母の日のプレゼントの定番と言えば、何と言ってもカーネーションに代表される花である

だが、我が家にはいま、近所の人からいただいてきた花であふれているのだ

そして、次の定番であるお菓子についても、どこかから頂いてきた物でこれまたたくさん存在していたのである

それ以外のものとなると一気にセンスが問われることになり、私には手に追えないのだ

そんなわけで、結局プレゼントをするのはスルーしようと決めた

ところが、そこから転機が訪れて事態が急変するのだから、人生は分からない

何が起きたのかというと、会社で、母の日を当て込んで仕入れ、最終的に売れ残った商品の社内販売が呼び掛けられたのだ

ハーフサイズのカステラで、上には「お母さんありがとう」の文字が躍っていた

値段は、定価の半額以下となる1本200円

しかも、2本買うとおまけでもう1本付いてくる()という、ジャパネットもびっくりな特典もあったのである。

それを見て即座に「これだ」と思ったことは言うまでもない

これならお徳に母の日のプレゼントが手に入るし、花や野菜をもらった人にお返しをすることも出来る

カステラなら、朝食のパンの代わりにすることも可能なので、お菓子とは被らせないで食べることが出来るではないか

そんなわけで、迷わず2本(+おまけの1本)を注文したことは言うまでもない

というわけで、今日か明日にも、約1週間遅れの母の日プレゼントを手にすることができそうだ

母の日を過ぎてからプレゼントするとはとんだサプライズだが、たまにはこういう感謝を形にするのもいいかなと考えている今日の私であった